外壁塗装に関する情報が満載!

我が家のお化粧

外壁塗装の気になる日数について

外壁塗装を検討している人は、都市部をはじめとして目立っており、優れた技術を有する業者に対応を依頼することが望まれます。
特に、工事の日数については、それぞれの業者のスタッフの人員や技術力などによっても影響を受けることがあるため、まずは各地域で有力な業者を見極めることが求められます。
外壁塗装の取り組み方については、素人にとって理解しにくいところが多いとされ、まずはリフォーム業者の見積りなどをしっかりと利用することがコツと言えます。
そして、住宅情報誌などの体験談を読み込んでおくことにより、サービスの優れている業者の特長を把握することができます。
外壁塗装の日数をなるべく抑えておきたい場合には、リフォームの箇所を少なくしたり、腕の良い職人に任せることが有効です。
この頃は、無料相談などのサービスを取り入れている業者が増えてきているため、塗装の日数についてアドバイスをもらうことが出来るようになっています。

外壁塗装工事日数が予想より短い場合は手抜き工事を疑え!

一般の建売住宅で30坪ほどの規模で考えると、外壁塗装工事に要する日数は10日から14日が一般的です。
雨天が続くとその分長くなりますが、標準的には以下のような作業工程となります。
1日目は足場設置、2日目は外壁の高圧洗浄、3日目は養生・サビ止め・下地調整、4日目は下塗り(下地強化剤を塗布)、5日目は中塗り(選んだ塗料の塗布)、6日目は上塗り(仕上げ)、7日目は下塗り(下地強化剤を塗布)、8日目は中塗り(選んだ塗料の塗布)、9日目は上塗り(仕上げ)、10日目は雑塗装(雨樋、雨戸、戸袋の塗装)の作業スケジュールとなります。
2日目と3日目と9日目と10日目はある程度重ねて作業を行うことができます。
最短で考えると9日ほどが最短の工事日数と考えられます。
これより長くなることはあっても短くなることはありません。
まず7日以下で工事が終了する場合は手抜き工事の可能性がありますので、見積どおりの作業が行われているかどうかを検証する必要があります。

pickup

2017/4/10 更新

COPYRIGHT(C) 我が家のお化粧 ALL RIGHT RESERVED