外壁塗装に関する情報が満載!

我が家のお化粧

業者選びは慎重に!外壁塗装は税金も馬鹿にならない

どんな住宅でも、十年以上経ってしまえば外壁塗装リフォームが必要になります。
見た目も薄汚れてきますし、防炎性なども落ち込むので、それをリフォームによって100%まで回復させなくてはいけません。
外壁塗装リフォームをすれば、見た目が美しくなるだけではなく、さまざまな住宅性能がアップします。
住宅を正しくケアするためには絶対に必要な措置です。
ただ、通常の住宅でも百万円ほどの予算が必要になり、それに伴って税金も多くなります。
可能な限り費用を抑える工夫はしておくのがいいでしょう。
業者選びはとても重要で、同じ工事でも業者によっては三十万円以上安くなるケースもあることを忘れてはいけません。
幸い、水回りの工事のように焦る必要はありませんから、じっくりと業者の選定ができます。
ネット上の口コミ情報や、実際の工事結果をチェックするのも賢い方法です。
業者研究は必要不可欠ですから、時間をかけるのがとにかくセオリーになります。

外壁塗装は個人住宅でも、賃貸住宅でも修繕なら税金対策対象!

外壁塗装はその目的が家屋の修繕費として認められれば、税金の控除対象となります。
家屋の耐用年数を確保するため、外壁の大部分を塗り替える場合その目的が建物の原状回復としての目的であれば、その費用は修繕費として認められ必要経費となり税金対策ができます。
個人の場合、国の景気対策の一つとしておこなっている住宅ローン減税の適用が可能で家のリフォーム要件が満たされていて、住宅ローンを利用していれば控除の対象となります。
当然リフォームの中でも外壁塗装は大きな修繕工事であり、その要件が満たされれば大きな節税の項目となります。
次にアパート、マンション等の賃貸経営をされている方については外壁塗装の目的がデザイン性を高めるための資本的支出ではなく、外壁表面のひび割れなどの修繕、劣化防止など原状回復が目的であると認められれば、当然その費用は修繕費としてあげることができ、維持補修の必要経費として税金の控除対象となります。
塗装工事は様々な節税の対象としてあげることができます。
確定申告時の必要書類で税務署への証明として工事を請け負った業者が発行する増改築証明書が必要となるので忘れず業者に頼んでおきましょう。

check

Last update:2017/4/10

COPYRIGHT(C) 我が家のお化粧 ALL RIGHT RESERVED